ベトナムで日本語を教える

ベトナムで日本語を教える

隠れた魅力の土地があなたを呼んでいます。海外で日本語を教える仕事は、どの国にもあり、ベトナムも例外ではありません。豊かな文化遺産を含むとても美しいアトラクションは、ベトナムで生き生きと働く魅力の選択肢となっています。さらに、急成長の国は世界に進出したいと願っており、そのドアを開く鍵は日本語なのです。その結果、日本語学習の需要が高まり、日本語教師のチャンスが増えています。

ベトナムへ行こうと考えているなら、将来のキャリア、あるいは一時的な仕事としても、日本語を教える事を検討してみましょう。以下は、あなたが知っておくと良い情報です:

ベトナムで日本語を教えるための要件はあるのか?

答えはおそらく、はいいいえです。

一般的には、ベトナムで日本語教師になるには、4年制大学の学位が必要で、証明書があるのが望ましいです。しかしながら、証明書はより良い仕事を見つける助けになるという意味で、確かに良い多いチャンスがあるかもしれません。ベトナム語を身につける事は必須条件ではありませんが、教室に馴染みやすくして学生を感動させるのには良いです。

ベトナムの日本語教師の収入はどのくらい?

固定給与額はありませんが、月額700〜2000ドルの範囲です。多額に聞こえるかどうかは分かりませんが、ベトナムでの生活費には、その額は衣食住には余裕があり、美しい賃貸アパートを借りる事ができます。

どこで誰を教えるか?

ベトナムの大学での教職は有望な仕事ですが、必ずしも給与が良いわけでもないです。日本語は殆どの大学で人気があり、義務的な科目ですが、予算が限られているため、外国人教師を雇う大学はほんの一握りです。

正式な教育機関

多くの外国籍の日本語教師は、私立学校と日本語センターを職場に選びます。私立学校の場合、殆どの授業は基本レベル、ビジネス日本語など特定の目的のための日本語です。私立学校では、生徒の親が日本語を話す先生を雇うように促しています。よい教育環境と引き換えに、すでに多くのお金を支払っているからです。ですから需要は非常に高いのです。

一方、国際的な学校で働くには、一般的に大学の学位(どの専門でも良い)とTEFLの証明書または同等のものが必要です。時には経験も必要とされ、教師の質を保証するため、地元ではなく海外で募集するのです。給与や他の給付は仕事に値しています。

語学学校

最近のベトナムでは、就職資格のために、日本語力を向上させたいという希望が高まっています。TOEFL、IELTS、TOEICなどの国際語学試験で高得点を取れることに、多くの語学センターが焦点を当てています。これらのセンターでは、日本語の読み書きのスキルが十分でないベトナム人の日本語教師より、ネイティブスピーカーを海外から雇います。給料は良く、時間はとても柔軟です。センターの質は、学生の授業料で異なります。

最も有名なセンターには、ACET、British Council、Language Link、Apolloがあります。それらは必ずしも高額な給与を提供するわけではありませんが、教師としての評判を高める理由で働く教師もいます。又はより高い給与の教育センターで教えることもできます。

ベトナムに長く滞在するつもりでないなら、幼稚園や日本語サークルで教えることをお勧めします。仕事は通常、特定の資格や証明書を必要とせず、子供たちにABCや基礎を教えるのです。これは簡単な仕事で、より融通性があり、襟を正した服を着る必要もありません。

プライベート・家庭教師

プライベート・家庭教師もあります。これはあまり経験がない日本語教師が好んでいます。前向きな学生は非常に多く、駐在者ネットワークやその他の方法で簡単に見つられます。生徒の殆どが外国人の子どもで、両親が日本語を話せるものの子供に教える時間がないとか、他のアジア圏の駐在員などで、早く生きた日本語を学びたいと思っています。駐在員の住宅団地で告知するのは、生徒を見つける最も簡単な方法の1つです。

カリキュラムの準備

あなたはセンターのカリキュラムと参考資料に従って教えます。しかし、受け持つクラス活動、特に入門コースを作る必要があります。

1週間の労働時間

フルタイムの教師は通常、週に40時間を教えなければなりません。そのうち教授時間は週18時間~20時間です。残りの時間は、カリキュラムとクラスの準備、テスト採点、エッセイ編集などです。パートタイムの教師は、週11〜12時間働き、週に少なくとも3つのクラスを受け持つことができます。

ベトナムで教職を見つける方法

Facebookのコミュニティフォーラムやキャリアリンク ベトナムなど、求人広告が出るウェブサイトは最適な場所です。

ベトナムで日本語教師の仕事を見つけられるサイトを紹介(一部)
ベトナムの日本語教師求人情報リスト
ベトナム日本語教師.com

ビザ情報

ベトナムの日本語教師として就労ビザを取得し、一時的な住居を探す必要があります。 それは問題ありません。 観光ビザなら、出国することなく就労ビザに転換することができます。ほとんどの雇用者は、ビザの延長や就労許可の手配を担当してくれますが、一部は自分で行なうよう言う雇用者もいるので、最初に確認してください。最も重要な作業は、まず書類手続きを理解する前に、仕事を探す事に集中することです。