海外で働く4つの理由

ますます多くの人々が海外で働きたいと考えるようになり、私たちはこの背景にある理由を調査してみました。調査結果に基いて、海外で働く上での主な4つの利点をご紹介します。

キャリアを進める

新興市場、例えばインドネシア、マレーシアでは、様々な産業において高い才能と強い管理スキルを必要としています。海外の仕事を見つける事は、有能な人が上級職に就くためのチャンスを開くことにもなりますが、彼らのスキルは母国では十分ではない場合もあります。さらに、海外で働くことは、短期間で才能のある人のチャレンジや、プロフェッショナルな場を増やすこともできます。そういった経験は、高いレベルの雇用へ早く進める可能性を作りますが、母国では何年もかかったかもしれません。

世界の国々がますます繫がりを持つにつれ、海外での経験はキャリアの視点を広げる貴重な資産となります。さらに、国際レベルであらゆる分野の人々とのグローバルネットワークを構築することも重要です。

より高い報酬パッケージ

通常、プロフェッショナルな外国人管理者の給与は、地元の人よりも高いのです。これは、海外での就職を望む人にとって、さらなる動機付けになっています。特に高給で生活費の安い国、例えば東南アジアは、自分の財務状況を改善しつつ新たな文化や経験を積みたい人にとって、とても魅力ある地のようです。家族も移住させたいと望む人には、企業によっては住宅、交通費、学費などを報酬パッケージに含んでくれるという魅力的な所もあるのです。

スキルセットを広げる

海外で働くことは、新しい言語スキルを習得する理想的なチャンスでもあります。複数の言語を使う能力は、同僚の仕事をサポートするだけでなく、人生の様々な面で有用です。さらに、ハーバード・ビジネス・レビュー(2010年9月)の記事では、外国人のプログラムは管理者を育成するのに非常に良いと提案しています。別の文化圏で仕事をすれば、異なる視点からシステムや問題を観察する適性が養われ、複数の国に住んでいた人は、問題解決のスキルが向上し、特に地元の人々に繭で覆われていない人は、より創造性を発揮できるのです。

どの国も異なるライフスタイルと価値観を持っているので、そこで生きる外国人は柔軟性と適応性が高くなっていくのです。例えばフランスは、シンガポールや香港と価値観が大きく異なるようです。各国の社会やビジネス文化に沿った能力は、国際的に成功させる重要なスキルと見なされます。

文化的経験と「グローバルな考え方」の育成

海外で働けば、異なる文化を経験することになります。外国人は毎日地元の人々から新しいことを学びます。その国で過ごす時間は、習慣や考え方、行動、価値観などを深く理解する時間です。その経験は、地元の人々とうまくやっていくだけでなく、文化がどう国際ビジネスに影響していくかの知識を増やします。そして新しい市場への参入やグローバル戦略の立案に非常に役立ちます。新しい契約を結ぼうとする間、アジアの文化を知らなければ非常に危険で、失敗につながる可能性があります。

他国の人々と働きながら、異文化を受け入れやすくするために、他を尊重する方法を身につけて下さい。又、新しい土地やものを見たり、新しい経験をすると、人は“新しい目”で自国を見ることができます。

海外の求人を探すと決めたら、あなたは目立つように、プロフィールをユニークなものにします。短期間の海外経験をして帰国すると決意すれば、その間とても貴重な経験とスキルを集めるでしょう。一方、海外で長期滞在する人は、自国で経験を集めてユニークなプロフィールを作成するはずです。それはその後の新しい経験と結びついています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です