ベトナムで自動車工学を選択する4つの理由は?

私が日本語を教えている生徒にベトナムのホーチミン市工科大学(Bach khoa)で自動車工学を学んでいる学生が何人かいます。

適切な学術機関、あるいは正しい専攻を選ぶことは、人生の大きな選択に繫がります。2017年からホーチミン工科大学(Bach khoa)で学ぶ中部出身のHaiさん。彼がこの大学で自動車工学を選んだ4つの理由は、非常に考慮すべき内容です。

以下が、彼のシェアする内容です:

「学士号は、学部のプログラムの修了時に授与されます。それは、しばしば学生が学業成績で受けた最初の学位となります。自動車工学の学生は、現場でさまざまなキャリアを身につけます。ベトナムでは、この分野でとても良い教育を提供しているのです。自動車工学でベトナムを選ぶべき理由が、以下の4つです:

  1. ベトナムは、ホーチミン工科大学(Bach khoa)出身の学生の96%に、卒業後のさまざまな夢の仕事のチャンスを提供しています。多くの卒業生は、生産、メディア制作、工業プロセス、自動車デザイン、研究デザインなどのさまざまなレベルで、仕事のチャンスを掴んでいます。
  2. .自動車工学では、工学、電気、材料、工学の基本原則を学ぶとともに、安全性、燃費、および工業用製造の現代的な車両設計要件も学びます。自動車工学の学生は、技術的な適格性だけでなく、工業環境における設計、製造、監視、管理、識別、解決の専門家として訓練されます。
  3. ベトナム経済の急速な発展に伴ない、車両数が急速に増加し、ベトナムの自動車産業は、日本、韓国、アメリカなどの先進国からの投資でスタートしました。自動車工学技術で膨大な雇用と需要をつくっています。ですからベトナムで学ぶことは良いスタートとなり、私と同じ夢を持っているなら、トヨタ自動車のエンジニアリングで働くことができるかもしれません。
  4. この大学のプログラムは英語で教えられており、学位は世界で認められるでしょう。授業料と生活費はかなり手頃ですが、資格のある留学生へ奨学金制度が適用されます。これは私のような限られた財政の範囲で海外で勉強したい学生には嬉しいポイントです。

ホーチミン市工科大学(Bach khoa) – 1957年に設立されたベトナム国立大学(旧ホーチミン市立工科大学)は、11の学部があり、国有で包括的な大学です。博士号、修士号および学士号を、

以下の専攻で提供しています:

原油、化学工学、工業管理、IT(コンピュータサイエンス・コンピュータ工学)、機械メカトロニクス工学、電気・電子工学、土木工学、輸送工学、環境技術、マネージメント…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です