ベトナムで働く事とボランティア

ボランティア

ベトナムには多くのプロの開発スタッフがいるため、ボランティアのチャンスは非常に限られています。

NGOリソースセンターでは、NGOの全リストを追跡し、ベトナムを支援する人々のデータベースを保持しています。Service Civil Internationalには、エージェントオレンジの犠牲者を支援するために、両陣営の退役軍人によって設立されたFriendship Villageを含むオプションリンクがあります。継続している開発研究センターは、国際交流と非公式の教育を通して開発問題に取り組んでいます。Pan Natureでは、環境分野でのチャンスがあるかもしれません。

ベトナムでのボランティア活動を提供する国際機関には、英国のボランティアサービス海外、オーストラリアのボランティアインターナショナル、ニュージーランドのボランティアサービスアブロード国際ボランティア本部があり、これらは、ハノイで幅広いボランティアプロジェクトを行なっています。国連のボランティアプログラムの詳細は、ウェブで見る事ができます。

仕事

日本人が所有するバーやレストランは国全体に広がっており、カジュアルな仕事があります。これは現金払い、つまりは、書類なしで働くことです。ダイブスクールやアドベンチャースポーツのスペシャリストでは、常にインストラクターを必要としていますが、殆どの旅行者にとって、主な仕事のチャンスは、外国語を教えることです。

仕事を探すという事は、尋ねて周るということです。仕事はめったに宣伝されません。

教職

日本語はベトナムの学生に非常に人気のある外国語です。 北京語、フランス語、ロシア語の需要もあります。

プライベート言語センター(1時間あたり10〜18 米ドル)と家庭教師(1時間あたり15〜25 米ドル)は、教職としての最善策です。ホーチミン市やハノイでは、地方よりも賃金が高いです。

ベトナム政府系の大学も、外国人教師を雇用しています。

ベトナムで日本語教師として暮らしたいですか?

もしベトナムで休暇を過ごす以上に時間を費やし、居住を体験し、地域社会に影響を与えたいのなら、日本語を教える事は常に可能です。教師の経験や現地語の知識は必要ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です